木造住宅に防犯カメラを付けた方がいい理由

木造住宅の一戸建てはマンションのように防犯カメラが設置されていません。防犯カメラを取り付ける義務はありませんが、出来るだけ取り付けた方がいいです。そこでなぜ木造住宅の一戸建てを建てる時の防犯カメラを取り付けた方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・空き巣対策になる

ここ数年で空き巣の被害にあう人が増えてきています。木造住宅の一戸建ては狙われやすい傾向がありますが、特に新築だと金銭的に恵まれている人が住んでいるという印象を与えてしまいます。それで新築がターゲットにされる事も多いです。そこで木造住宅の一戸建てを建てる時の防犯カメラを取り付けておけば空き巣も警戒するので浸入するのを止める事が多いです。

・車上荒らしを防げる

木造住宅の一戸建てを建てると車も土地の中のスペースに駐車するようになります。そのような場合でも車上荒らしの被害にあうケースも少なからずあります。防犯カメラを設置していればさすがに警戒するので車上荒らしの被害にあうのも防ぐ事が出来ます。